ダートが勝てない

ダート戦に強い馬が出なくってキー!ってなってるまくぼっけーですこんにちは 
 
前回の配合理論のもと生産生産の毎日です 
でもサヨナラ配合まで待てないので無しでもいいやーってんで 
若干爆発力に欠ける配合を繰り返してます 
 
そんな感じで出来た殿堂馬紹介 
 
 ケンシロウ  (タイカンラファーガxセキゲンスケ) 
真疾風配合の先行馬 スピードは抜群なんだけどインブリードのせいか 
健康面がダメだった 無敗のまま3冠挑んだんだけどスタミナがあんまり無いので 
菊花賞で惨敗 その後有馬記念取ってマイラーに転向 
高松宮 安田記念 スプリンター マイルCS 香港マイル取って 
短距離戦の殿堂馬に でも種馬になってからの配合まで考えてなかったので 
種牡馬としては使えなかった 戦績21戦20勝 
 
 ランス  (タイカンラファーガxタチュヒコ) 
お遊びで作った爆発力が20くらいの配合なのに現在の最強馬になってしまった馬 
成長が普通~晩成の間くらいなのに新馬戦からずーっと印グリグリ◎ 
ギリで間に合った皐月賞で9馬身差での大勝ちしていらいずっと 
5馬身以上の差で大勝ちしてた ダビスタで言う消える馬ってやつっすかね 
無敗で3冠になった次の年に国内古馬G1総ナメして 
5歳で欧州のG1も制覇 無敗のまま引退 戦績28戦28勝 
念願のジャガリコ超え出来た最強馬 2000~3000までだったら無敵 
 
 アキラ  (タイカンラファーガxセキゲンスケ) 
真疾風配合での爆発馬2匹目 ケンシロウは体が弱かったのが弱点だったけど 
この馬は頑丈で病気なし 瞬発力以外のサブパラは全部MAXでした 
まあ疾風馬に瞬発力はいらないのでこの理論でのほぼ完成形 
ただ成長が晩成だったため古馬になってからしかG1勝てなかった 
ダート適正も高いはずなのにダートでは凡走するのはなぜだらう? 
この3匹の中じゃ一番スピード スタミナのバランスがいいっぽいのに 
カスタムレースじゃザコになってます 戦績 35戦26勝 
 
とまあこんな感じなんすけどこの配合だとダートに強い馬が出にくいので 
ドバイではまだ勝利がありません アキラが取ってくれると信じてたのに 
ダートだと凡走ばっかでした ダート適正って何?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード